戦闘ポッドの不思議解決!

本館の方に新たなイラストをUPしたので、こっちにも同じのを…
そう。マクロスを見た人は誰もがフシギに思っていました。
「戦闘ポッドにどうやって巨人が入ってるのか?」って.........



そんな地球人の疑問に答えるべく、図解してみました。
しかしどのみち、メカ設定の数値ではつじつまが合いません。
なのでここでは前提として、巨人の身長は10mぐらい。というのを基準にさせてもらいます。
そこから、つじつまの合うメカのサイズを割り出していきたいと思います。



画像まずはリガード。

やはり窮屈(笑)。
それでも25~26mは最低必要そうです。



画像そしてグラージ。

かなり大きくないとダメですね。



画像ヌージャデル・ガー。

これはオリジナルに近いサイズで大丈夫そうです。
ちなみに、ヌージャの搭乗員は、足はメカの足に入ってますが、腕は前方の操縦桿を握っています。
これは、パワードスーツの「もしメカの手足が吹っ飛んだら中の人間の手足も吹っ飛んでしまう」弱点を、せめて腕だけでも解決するためにこうなった。と、宮武さんがどっかに書いてました。
このアーム部分は交換式なので、ブッ壊れても取り替えられるそうです。


画像クアドラン・ロー。

設定よりは多少大きいみたいです。
女兵士のサイズをどうするかでも多少変わってきますので、誤差の範囲内ってところかもしれませんが。

これも搭乗者の足だけがメカの足に入っています。




......さて、


では、これらのメカを同縮尺で並べてみましょう。バルキリーも一緒に。



画像
.....................。



.....確か落っこちてきたマクロスを調べて、将来の巨大異星人との対決を想定して、バルキリーって作られたんでしたよね?


ねぇ?地球人のみなさん。



その異星人も、メカに乗ってるとかは考えなかったんですか??

"戦闘ポッドの不思議解決!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント