一方その頃岩手では

ゆばさん達ご一行様が石巻を旅していたちょうどその頃、ワタクシも実は東北におりました。岩手県ですけど。

画像
←コレに乗ったよ



水沢というところに母方のご先祖の古~いお墓があるらしい。
(おばあちゃん曰く「チョンマゲの人ばっかりよ」)
でももう30年ぐらい前に永代供養したと聞いていたんで、もうお墓はないものと思っていた。

が、実はお墓はまだあって、この度お寺から「どうしますか~?」みたいな事訊かれて、あまりに古いし、もうお墓参りできる人もいないし、最後にお参りしてお墓もお終いにしましょう…という流れになったという訳。
そんなコトで、このレポはワタクシの備忘録です。オタクネタはありません。

行くのは、叔母さん(母の妹と従妹)×3とハトコと私の五人。
全員、そのお墓には行ったことナイ。


母の旧姓は冨澤いいますん。
ウチのお祖母ちゃんは(年寄りってのはそういう話が好きだケド)、
冨澤家のご先祖とか水沢がどうちゃらいう話とか、よくしてくれたもんです。
それによると、

お祖母ちゃんのおじいさん(ひいおじいさん?)は、

伊達家のお屋敷で小姓をしていた。
スゴイ美男子で、廊下の端から端まで歩く間に、ふところが恋文で一杯になった(お女中さんからだよ!)
・千代紙(?)で人形を折って、人にあげるのが好きだった。

ということですの。

美男子で小姓!! なんかワクワク情報だね!だが私は腐女子ぢゃないので、まぁどうでもいい。

ゆばさんからのお誘いを断ってこっちにしたのは、やっぱりなんというか、ルーツを知りたいとか、そういう気持ちから。
(叔母さん達も、おばーちゃんのあの話は本当なのか!?と、興味あったんだと思う)



まぁ、東北まで行ってお墓だけ、ってつもりもなく、

画像
もちろん行きます中尊寺。


金色堂は当然、撮影禁止。金ぴかもスゴかったけれど、柱とかの螺鈿細工の美しさは圧巻ですよ。やっぱり日本の職人さん、すげえぇぇ。。。

画像
そして毛越寺。


画像
ここで曲水のなんとかって、貴族たちが雅な遊びをしたのねー。


画像
義経さんのお墓。



ときに、中尊寺のふもとの駐車場周りのお土産屋さんに、こんなポスターが貼ってありましたよ。

画像
ちょwwwwww

私としては、すごいスナイパーが一人二人いたところで、戦力的にどうとかにはならないと思うよ。




一日目は観光だけで、ホテルへ到着。
画像

温泉入ってご飯食べて、ほっこり~




翌日、いよいよお墓参りです。

なんでも、震災で墓石がずいぶん倒れたのを、お寺さんが並べ直して下さったらしいが、もしかしたらご先祖じゃない人のも混ざっちゃってるかも…って
ま、いいじゃございませんか。みんな仲良くすれば。

画像
草むらの中に墓石がごろんごろんしてるのを想像してたけど、意外と整然としてます。
左に「冨澤健一郎」と書いてある。右には全然知らない女性の名が…

…親族協議の結果、深く考えないことにした。


しかし他の墓石は苔むしていて、字もほとんど見えない。
画像
天保…だよな…


お花とお線香、そしてホテルの部屋にあったお菓子(…)を供えてお参りします。
初めましてご先祖様。そしてさようなら…



お寺を後にして、近くにある後藤新平さんの資料館へ。
画像
なに、後藤新平さんを知らない?
偉大な政治家ですよ。関東大震災からの復興とか、台湾の発展に力を尽くしたりとか。
郵便ポストが赤いのも、この人のせいなのよ(本当)
実は私もよく知りませんでした。ゴメンナサイ。

でもなんで後藤新平さん?
ウチのご先祖とは親交があったらしい。(姻戚?)
お祖母ちゃんはよく親しげに新平さん、新平さん、と言っていたな。

このあたりは留守家(伊達家の家臣)の城下町で、他にも武家屋敷とか古い建物がいろいろあるの。
古い建物大好き~

画像
もちろん後藤新平さんの生家もありますよ。

(後藤家も留守家の家臣だった)


画像
で、その中で立ち寄った武家屋敷。
内田家旧宅。

「朝顔の種あげます」って看板につられて入ってみると、なんかお勝手の方がにぎやか。


板の間にたくさんのおじいちゃん、おばぁちゃんがいて、「どうぞ座って、食べてって~」
すいとんとかフキの煮たのとかきんぴら野菜とか、ふるまって下さる。
どれも超うま。
月に一度、地元の人たちがこういう会を開いているらしい。

画像
うーん、お昼予約してたんで、セーブしなきゃいけなかったのが残念だわ
優しいおばちゃん達でした。
どうもありがとう。ごちそうさまでした。


で、肝心の朝顔の種をもらいに管理事務所(?)に行ったおばさんとハトコがいつまで経っても戻らない。
心配していたら、一枚の紙切れを手にして戻ってきた。
「ご先祖様の名前があったの~」
な、なんですとー

なんでも、事務所でご先祖の姓を言ったら「冨澤って家来は少ないから分かるかも」って、
家臣リスト(そういう資料も残ってるのね…)を探してくれたんだって。

画像
確かに小姓と書いてあるぅ!
(拡大してとくと見たまえ)

下の正太郎というのが、お祖母ちゃんのおじいさん。
健一郎というのが、その上のおじいさんかな?お墓に刻まれてた人だな。



しかしそうすると、ご先祖が小姓をしてたのは留守家の屋敷という事になる。
そういえば、お祖母ちゃんは、ずっと昔のご先祖は留守政景の家来だったと言ってたな。
が、留守家は水沢伊達家とも言われていたらしいので、間違いではないか。

と、いうわけで、ご先祖様は確かに小姓でした!
(美形かどうかは分からない。永遠のナゾ)

とても有意義な旅でした。









そういえば、
お祖母ちゃんのお葬式の時、叔母さんがお棺に、紙でできた男の子と女の子が遊んでる様子(?)の人形を入れていた。仏壇の引き出しにあったらしい。
それが↑の三番目の紙人形だったんだな。
お祖母ちゃんはずっと大事に持ってたんだね…

この記事へのコメント

モーア・カリダム二級空士長
2014年06月09日 17:43
ふふふマクロスお宝画像の宝庫がある、サイトを見つけたぜ!
(カムジン親分がかっこよく決める画像もある)

>行こうぜ!東北!
おぉぉぉぉぉぉ東北来たぁぁぁぁぁぁぁぁ(自分は円谷英二 円谷幸吉東北福島県須賀川市で生まれた千葉県民です)こほん

らんこ先生のお母さんの家系って自分の一番大好きな戦国武将伊達藤次郎政宗公に関係する一族だったんですね。自分の一族は桓武平氏です。

中尊寺って奥州藤原氏で有名な寺でしたっけ、能面延命冠者
木造阿弥陀如来坐像などがある。他にも清衡 基衡、秀衡、泰衡(首だけ)
のミイラがある。うちの中学校の若い女の先生が松尾芭蕉関係で行ってま
した。

あわわわわ歴史好きの自分にとっては羨ましい、成人し働けるようになっ
たら行きます。

ホテルの料理うまそうですね。

墓参りですか、自分も田舎に行くと必ずしますよ。うち一つは☆の入った
墓があります。

∑後藤新平って山本内閣で内務大臣 寺内内閣で外務大臣を勤めた人物で
すね。これは興味深い。

これを参考に福島県のおばあちゃんの家に行きます。参考になりました。

そういえば石ノ森の博物館でマクロスのイベントがあったけ。
名も無きパイロット。
2014年06月11日 19:43
とても勉強になるレポートでした!
ありがとうございます。

らんこさん、ご自分のルーツに関わる情報に出逢えて旅した甲斐がありましたね(^^)
らんこ
2014年06月13日 22:30
●モーア・カリダム二級空士長さん
>自分の一族は桓武平氏です。
日本人は必ず源・平・藤・橘のどれかに行き着きます。
両親が二人、祖父母が四人…10代さかのぼれば1024人の
ご先祖がいるわけで、その中からお好みのご先祖を
チョイスしていいわけですから。
しかし、家系というのはDNAのつながりより、マインドとか
精神的なもののつながりだと思うのですよ。
名家といわれる家の人が気品があるのは、そういったものを
ちゃんと伝えてるからだと思うのです。

後藤新平さんは、調べれば調べるほど、
今の政治家たちが耳クソに見えます。本当。

>中尊寺って奥州藤原氏で有名な寺でしたっけ
そうですよ~とてもいい所だったので、
ぜひ行ってみてください。福島のちょっくら先です。

>石ノ森の博物館でマクロスのイベント
リンク先のゆばさんのレポで見れますよ~


●名も無きパイロット。
普段出不精な私ですが、親戚と旅行もいいもんです。
景色も良かったし、東北の人の親切にも出会えました。
また温泉に行きたいなぁ~
シルビー・ジーナ
2014年07月06日 13:18
とても美しい風景ですね、感動して
しまいます。

この記事へのトラックバック