大河ドラマ終わっちゃった...

久々にドラマの感想など。

久々に面白かったですよ。「篤姫」。
大河ドラマを最初から最後まで見通したのは久しぶり。あ、第一話だけ見逃しちゃったけど...
なにしろ、去年はむさいオッサンが主役だったし(Gacktの謙信は美しかったけどw)、その前は...
...うーん、最初の方を見逃すと面倒くさくなっちゃうんですわ。

幕末モノはそれほど好きではなかったんだけど、天璋院の生涯には興味あったんで、見てみました。
...見始めたら、なんか面白くて、ついつい毎回見てしまった...
最初は「篤姫が町娘みたい」とか言われてたみたいだけど、
気がつくと「すごい視聴率」とかネットのニュースに載ってる。
なんだ。みんなも「面白い」と感じてたんだね。
そうするとマスコミも悪口を言わなくなるのは不思議だわw

元気いっぱいの篤姫に、なんとなく周りの人が巻き込まれていく感じがよかった。
大奥モノなのに、ドロドロしてない感じがよかった。
基本、悪い人がいないところが良かったんだと思う。
上様もよかった。心を閉ざしていた彼が、だんだん心を開いていくところとか。

特に印象深かったのは、井伊直弼ですね。
悪者的なイメージのある人だけど、最近では評価し直されてるらしい。
ドラマもそれに沿ったイメージなんでしょうかね。
「たとえ世の中からどんな評価を受けようと、殺されようと、するべきことをするのだ」と覚悟と決意を述べるシーンがよかったです。
んもうね、今の政治家たちに彼の爪のあかを樽一杯分ぐらい飲ませてやりたいですよ。ホント。

他にもいろいろ感想あるんだけど、長くなっちゃうんでまた今度。


...うーん、もう一回最初から見たい。
ご好評に応えて、BSでまとめて再放送とかやってたらしいけどさ......


    .....ウチBS入んないんだよっ!!!

まぁともかく、
この調子で来年も面白い大河やってほしいです。

この記事へのコメント

すかる
2008年12月16日 17:42
大河おいらも見てますよ、もちろん全話w
HDレコーダーのおかげで、見逃す事は極端に少なくなりました。
大河は家康が主人公でない奴以外はほとんど見てます。

篤姫での個人的ヒットは大久保どんでした、はーらーだ泰造さん役者で十分通用するんじゃねーかと思いましたね、西郷さんも良かったでゴワス。

来年は直江兼続ですね、後半に慶次が絡んでくる事でしょう、今から楽しみです。
らんこ
2008年12月18日 00:31
●すかるさん
直江兼続、最初「誰?」とか思っちゃいました(笑)。
花の慶次に出てたアノ人ですね。楽しみにしています。
>西郷さん
写真(絵か?)の顔とあまりに同じなんで、笑ってしまいました。
篤姫からの嘆願の手紙を泣きながら大事そうに抱えるシーンが泣けましたよ。
>家康が主人公でない奴
家康モノはヒットしない、というジンクスがあるそうな。
なんか地味ですしね。私もあんまり好きではないな...
竹村しずき
2008年12月19日 06:01
わたしは大河ドラマって全然見ないんですが、母がよく見てますね。HDD(我が家では「ビデオ」と呼ぶ)に録って次の日ですけど。篤姫の最終回(本放送)は何故か最後まで録れてなかったんで、来週の再放送を十分くらい長めに予約しておきました(わたしが)。
>Gacktの謙信は美しかった
謙信がGackt先生(わたしは音楽家の方は皆さん「先生」とお呼びすることにしてます)なのは「上杉謙信女性説」を意識してのことじゃないでしょうか。結構有力な説みたいですよ。わたしも謙信は女性だったと信じています。学術的な根拠がどうこうより、謙信の刀を信玄が軍配で受けるシーンは「若手武将対海千山千武将」より「姫武将対黄金妖怪ジジイ」の方が絵になると思うので。
…………実は女謙信をメインに据えたゲッターロボの小説を企画中です。
らんこ
2008年12月20日 10:39
●竹村しずきさん
再放送、うまく撮れるといいですね。
上杉謙信女性説は、私も高校の時歴史の先生から聞きました。
んー、信憑性はともかく、そうだったら面白いなぁと思います。
私も信玄よりは、高潔な謙信の方が好きです。
...特に、去年の大河ドラマ見てて思いました(笑)。
名も無きパイロット。
2008年12月21日 19:21
やっと今日、最終回を見たので、
こちらのブログに参加できます(笑)

最近の大河ドラマは大体見ているんですが、
「篤姫」はかなり良かったかも
篤姫の人を信じる姿勢や、
それに応えてみんなが心を一つにしていくところが胸にきました。

しかし一番驚いたのは、
今まで大河なんか見た事のない、母親が夢中になっていた事!?
本当にびっくりしました
らんこ
2008年12月23日 22:22
●名も無きパイロット。さん
>それに応えてみんなが心を一つにしていくところが胸にきました。
そうですね。
敵対関係にある人にも、篤姫は偏見なく真っすぐぶつかっていって、
そして互いに認め合う(決して馴れ合いではないトコがまたいい)ところとか、
とても気持ちよく見れました。
今まで大河ドラマや歴史ものを見てなかった人もハマったらしいですよん。
歴史的な面ばかりでなく、人間の普遍的なところを描いたのが良かったのかもしれませんね。

この記事へのトラックバック