広島紀行 その1 大和ミュージアム編

前回のホカイドーより早い飛行機(なんと6時55分!!)で、頭クラクラさせながら広島へ。
そしてバスでまず呉へと向かいます。
呉駅前で博物館の位置を確認しようと案内板に近づくと、その根元にヘンな動物が3匹ほどいます。しかも突如奇声を上げたりしてます。

.....
  これが広島名物、ヤンキー.....!!
                  イキナリカルチャーショーック...

それと呉には海自の教育隊があるらしく、新隊員らしき人がたくさん歩いております。さすがは海軍の町ですな。
今日は土曜で外出でしょうか。さぞ嬉しいでしょう(^ー^)
(ちなみに、海さんでは地上で勤務する人も外出を「上陸」と言うらしい)

さて、大和ミュージアムは駅から5分ほどです。近いです。

画像おおおおっ!
これがあの1/10大和です。素晴らしい。
夢にまで見た、大和が目の前にっ。
1/10とはいえ、すごい迫力じゃないですか。
このまま海に浮かべても乗れそう...

船橋港あたりに浮いてる漁船よりデカイです。
(当たり前だ)

↑カメラに入りきらにゃい.....

画像

ら「しゃなさん、あの煙突のところからね、ミサイルが出るんだよ」
し「へーぇ、そうなんですか!??」


  .......信じるなよ!そりゃ宇宙戦艦ヤマトだ

ウケまくる私の後ろでしゃな嬢「らんこさんが言うからホントだと思ったのにー!」と泣き叫んでいます(笑)ダマシテゴメンネ

(念のため:この時代にはミサイルはまだありません)

画像
←菊の御紋の下にある穴は......
何なんでしょうね......



.....まさか.....波動砲......


画像
砲弾。
でけぇ!
すげーでけぇ!
こんなにデカいタマ見たことねぇだよ。



このほかの展示品はですね、
呉の歴史とか、造船技術に関する資料、大東亜戦争関係の資料とか。
沖縄特攻(大和最後の出撃)に臨む将兵の遺書などは、特にぐっときました。
昔の人は、若くても立派だったんだよなぁ...
こんな若者たちが死に臨まねばならなかったのが悲しい。
日本は平和にはなったけれど、日本人の心の質は確実に劣化している。
それが平和を手に入れるための代償だったのか? いや、そんなことはないはず。
戦後、我々は色んなものを"悪である"といって糾弾し、捨ててきた。
しかし、その中に大事なものも混じってたんじゃなかろうか?

......。

さらに別の展示室には、体験型実験コーナーとでもいうんでしょうか。
色々楽しみながら科学を学べる(?)スペースです。子供を対象にしてるんだけど、大人でも充分面白いですよー。
操船のシミュレーションとかもありました。
(らんこはジャイロの実験をやった。回る、まわるー)

そして最後に!
画像
アナライザー...

しかしなんか微妙に違う...ニセモノ...?
(声も緒方賢一さんじゃないしぃ)

画像ヤマトも!→

そしてこの部屋には松本零士氏の原稿とかも展示してありました(笑)。
松本先生キャラデザの3DCGアニメも上映してたけど、なんか.......ビミョー........

最後に、お土産を買ってここは撤収。
ネックストラップ買いました。かっこいいぜぃ。
それと"海上自衛隊 缶入りケーキ"。......海自ではマジでこんなもん売ってるのか??

うーん、すごく充実してました。また機会があったら来てみたいです。
いまは~さらーばとー言わせないで~くれ~~
     ↑どうしても宇宙戦艦ヤマトから離れられないオタクならんこであった。

     つづく

この記事へのコメント

deri
2006年05月01日 23:13
すごい展示場ですね。
かなりの迫力だったのではないでしょうか。
見ごたえがありますね。
こどものころ10センチほどの戦艦大和のプラモデルをもっていましたが、あれもかなりの完成度でお気に入りでした。
確かに、これならのれそうですね。

ほんと菊の御紋の下にある穴は何なんでしょうね
ミニ波動砲…(笑
らんこ
2006年05月04日 00:17
そばで見ると、感動ですよー。
ところどころに兵隊さん人形も置いてありました(笑)

穴の正体ですが、話し合いの結果、
これから波動砲に進化するための穴なのではないか...?
という推測結果がでました(笑)
えみぽん
2006年05月10日 23:39
まじでこれ、カツオ釣り船くらいの大きさはありそうですね!でけー!
あおりアングルだとさらに迫力。この10倍なんだから、ヤマトってすごかったんでしょうねぇ。
特攻隊の遺書(手紙)、私も中学の時に読みましたよ。カミカゼ特攻隊の。
当時の若者たちの地に足がついた心を感じましたねぇ。
 今は平和な上に物も豊かで何でもスピード化され、いろんなことを「考える」って課程が失われてきてるんでしょうか...?

らんこ
2006年05月11日 21:14
近くで見るとド迫力ですよぉ。
ぜひ一度、お出かけください。

>当時の若者たちの地に足がついた心を感じましたねぇ。
そうですねぇ。これは別に戦争だから云々ではなく、昔の人の方が
「自分はなにをすべきか」というのがあったからではないかと思うのですよ。
まあ「規範」とでもいうんでしょうか。
昔はそれが国のためとか、日本人として、とか、長男だから...とか、
押しつけがましい面もありましたが、ある程度シバリがあった方が、
人は抵抗心を養ったり、知恵を使うようになると思うのですよ。

今はそれらを全否定してしまったから、色々とちょっとおかしく
なってきてるのかも知れません。
あまりにもモノがあふれていて「好きにしていいよ」というのは、
無責任にしてていいよ、何も考えんでいいよ、と言ってるのと同じだと思うのです。
どっちにしろ、極端にすぎるのはよくないと思います。

この記事へのトラックバック