怒濤の北海道(序章)

2006年の年があけてから間もなくのこと。
それはある日突然やってきました。
友人Wからの電話です。

 W「旭山動物園行ってみたくない?」
 私「えっ、行きたい行きたい行きたいー」

北海道の旭山動物園といえば、今、日本で一番人気の動物園です。
プロジェクトXでも取り上げられてましたね。
ペンギンが泳ぐ様子を水中から見れたり、面白そう。
動物好きの私は、いつか絶対見に行きたいと思っていました。

 私「で、いつ行くの?」
 W「来月。月、火、水と考えてんだけど」

ハァ!??
2月に!?
しかも平日3日間て何だよおい。

(※ちなみに、Wは月曜が定休である。ついでにパート勤めなんで休みの自由はきく)

少しはフツーの勤め人のこと考えて日曜を混ぜるとかしろよおい!!!

ところが、Wは私の再三の「日曜を入れろ」要求を無視します。
曰く、「業者が来るのが云々…」
つまり、彼女の住まいに内装工事が入ることになり、要はその間家にいたくないから、というのが旅行の理由なのです。
だったら業者が来るのを日曜からにするとかしてくれればいいのにそりゃあ確かに休日は混むだろうけど、友達を自分の都合に巻き込むんなら少しぐらいは妥協するってのがスジなんじゃないのかいお姉さん?

 W「えー、3日ぐらい休めないー?」

   ............(-_-メ)


 私「.....せめて暖かくなってからにしない?」
 W「ペンギンの行進は冬しかやらないらしいんだよねー」


その後何度か電話で折衝しましたが、行きたい心と気が進まない心が同居する私の頭の中は大体こんな感じです

前から旭山動物園は行ってみたかったしペンギン見たいしクリオネも見たいしカニ食べたいし北海道なんて滅多に行けるとこじゃないしこれがいいチャンスかもしれないけど南の島行ったばかりだしその後思いがけず体調崩して休み使っちゃったしなんたって寒いしうわー、調べてみたら有給あと2日しかないじゃん。だったらコレで向こうからじゃあ今回はちょっと無理だねって言ってくれる方向にならんかなぁ...

とかなんとか考えてたら、職場にいる私にWからケータイが。
Wはコミケの時ぐらいしかケータイ使わない人間なんで、何事かと思いきや、
 W「今日帰り会えない?」

仕事帰りに待ち合わせてファミレスでごはん。そこでWは旅行会社のパンフレットをいくつも出してきて説明します。
 W「まだ余裕あるかと思ってたら、申し込みに行ける日が限られてて...」

   .........なんか行くこと決定になってます先生(´д`;


 W「他に行きたいって人いたら、面子ふやしていいよ」

...そんな奴いるかっ!!!
いい?私だからまだ辛うじて付き合えるのよ比較的休みの自由がきく私だから!
日本の普通の勤め人の休み事情ってもんを少しは考慮しなさいよアンタはっ!!





.....結局、なんだか行くことになっちゃいましたよホカイドー。1泊2日で。


そりゃあ確かにズバッと断るにはやっぱり未練があるしカニ食べたいしペンギンもクリオネも見たいけどなんたって南の島はあんなにパラダイスだったのに何が悲しゅうて2月の寒い時期にそれでなくても今年はただでさえ寒いのに残り2日の有給使ってもう風邪引けない.....(←延々続く)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック